link2

  • にほんブログ村

    にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

    にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012秋の王滝120km(前日編) | トップページ | 半指グローブ新調 »

2012年9月20日 (木)

2012秋の王滝120km(当日編)

さて。レース当日編です。

Blog1

朝4時起床。宿を4時半に出て、5時ちょい前に会場入り。

そのまま自転車を並べに行きますが、すでに長い列が。

丁度半分からやや後ろって感じの位置取りでした。

Blog2

周囲が明るくなってきた。気が付けばチタン3台が並んでたw

上からmotoさんのライスピ。真ん中がシングルギアのリンスキー。

そして手前がオイラのKAZUちゃん(SEVEN SOLA)だ。

TBKさん達も前列に並んでる。ツカカツさん、ベロロ軍曹さん、

へらコブラさんシゲピンさんなど周囲は知り合いばっかりw

P9169346

6時になった。スタートの「ぷあぁ~ん」は聞こえない。

列が動き出すのに2分ほど。ゲートをくぐったのは更に後。

今年はやたら気温が高い。スポーツ公園の下りも寒くないw

P9169349

まずは舗装路のパレードラン。それにしても台数が多い。

エントリーが定員MAXの1000人だもんなぁ。

P9169350

ようやくダートが始まる。ここからが本当のスタートだ。

天気は薄曇り。どうか「どピーカン」だけはやめてくれよ~

P9169351

という願いも空しく、あっという間に太陽サンサン状態にw

ジリジリと気温が上がっていく。今年は暑さとの戦いだな。

P9169352

毎回、エントリーした事を一番後悔する30km付近を過ぎ、

ようやく第一CPに到着。時間は2時間40分ぐらいか。

ボトルに注水。腰にエアサロンパスを散布して再スタート。

P9169357

貯水池の横まで下ってきて、水の少なさにビックリ。

なんだか雰囲気が違うのでイマイチ気分が乗らないw

P9169355

と言いつつも、ここは好きな区間。アウターでガシガシ踏む。

ついでに余裕の自分撮り。サーセン。本当は余裕ゼロですw

P9169358

さて。いよいよ無限坂が始まった。無我の境地で進む。

とにかく後半の+20kmループに向けて足を残す作戦。

決してムリはしない。マイペースでノンビリ行こう。

P9169362

高度が上がってくると、雄大な景色が眼下に広がる。

王滝来てよかったーと思う数少ない瞬間であるw

P9169364

写真撮影&チェーン注油の為に止まっていたら、

後方からTBKさんが追い上げて来た。しばらくランデブー。

P9169365

ちょっと下って、第二CP到着。時間は4時間40分ぐらい。

ここでもボトルに注水。小休憩後に再スタート。

P9169366

さっき通った第二CPがあんなに小さく見える。

そろそろ無限坂も終わり。第三CPに向けて急降下開始。

それにしても下りきる手前のガレはハンパなかった。

思わず「おおおおおっ!?」とか変な声出たw

P9169367

なんとか第三CPに到着。時間は5時間40分ぐらい。

置いてあった梅干しを頂戴し、レスポの注油サービスを受け

ゴールに向けて・・・じゃなくて、ループに向けて走りだす。

上りの途中でTBKさんが「先行きます!」と抜いていく。

ううぅ、追いかけたい。でもジっと我慢の子。足を残すのだ。

P9169368

ロングDHを終えて、いよいよループコースへ左折。

係員の「はい、左~」という声のなんと残酷なことかw

ここから第三CPの先のピークまで上り返す。

P9169370

ああ。2年ぶりなんで忘れてたけどここキツイんだっけか。

斜度もキツイし、ガレもひどい。おまけに日陰が少ない。

それでも何とかクランクを回して少しずつでも前に進む。

ここまでムリせず足を残しておいて良かったと心から思う。

P9169369

途中、ギアチェンジの際にチェーンが噛んでしまった。

スプロケの向こうに落ちてしまい復旧に手間取る。

結局5分ほどタイムロスしたが、無事レース続行。

P9169371

今回シングルボトルで、中身はCCDなので

口の中が甘ったるくて耐えられなくなってきたところに

ナイスタイミングで天然エイドステーションが!

沢の水が冷たくて美味しい! 身も心も生き返りました。

P9169375

しばらく上ると、左手に本コースが見えてきた!

もう少しで合流だ。気持ちを奮い立たせてペダルを踏む。

P9169377

ついに本コースとの合流地点まで戻ってきた。

係員の方にお願いして写真を撮ってもらうw

後はちょっと下って、ちょっと上って、最後のDHのみ。

頑張れば8時間半切れるかも? もう足を残す必要はない。

最低限のマージンを残し、出来る限りのハイペースでひた走る。

DHが終わりフラットになってきて、そろそろゴール?

ここで最後の締めくくりの為にヤマトの主題歌をセットw

スタンディングでヤマト敬礼をしつつゴールイン!!

Blog99

↑photo by motoさん

実況の方もちゃんと「ヤマト帰還しました!」って言ってくれたw

ゴールタイムは8時間28分ぐらいか。

しょぼいタイムだけど、個人的には目標達成で嬉しいな。

ゴールしてみたら2年前に比べて体力の余裕があった。

てことは、途中でもっと踏んでもよかったのか?

この辺りのマネージメントがまだまだ全然ですね。オイラ。

でもノントラブルだし、楽しかったからヨシとしましょうw

今年の王滝も(終わってみれば)楽しかった!

参加の皆様、係員の皆様、王滝村の皆様有難う御座いました。

« 2012秋の王滝120km(前日編) | トップページ | 半指グローブ新調 »

MTB 王滝」カテゴリの記事

コメント

やましたさんの120kmが手に取るように伝わってきました。
同じ時間にそれぞれの奮闘があり、同じ苦しさに親しみを感じ、余裕のマネジメントに羨ましさを感じます。
来年は今年より少しでも走りの質を上げて行こうとそれだけ考えてます。

ヤマト帰還しました!wwwwwww
例年は真っ赤なスカーフをかけながらゴール願います。

オールスポーツの写真にヤマト式敬礼でゴールする姿がしっかり載っていましたよ。
120キロ走って、あの余裕~!
私なんて42キロで、片手軽く上げるのがやっとでしたよ。

お疲れ様でした!
9月で太陽サンサンはちと辛いですね(^^;;
そして王滝村にも渇水の影響が⁉

それにしても120であの余裕は凄い~
やっぱやましたさんは凄い‼

motoさん>
 余裕の「とりすぎ」マネージメントという噂も・・・w
 ペース配分は今後のオイラの課題ですね。
 お互い楽しみつつ来年にむけて頑張りましょう。

へらコブラさん>
 来年はデスラージャージで・・・(嘘

ジロウさん>
 余裕っていうかあれをやる為に120km走ってきたワケでw
 ここからしてレースの組みたてが間違ってるなオイラ。
 来年の100km今から楽しみにしてますよ~。

まるちさん>
 例年以上に気温が高くて参りましたが、
 終わって見るとやっぱり楽しいのがSDA王滝ですね。
 今年は残念でしたが、来年参加出来る様祈ってます!

120kmご苦労様でした。  走り終えて余裕があるなんて信じられないです...

詳細なレポ楽しませていただきました。ありがとうございます♪

クメシンさん>
 本当は走り終えて余裕があってはダメなのかも;;
 つまり全力で挑んでないって事ですからねぇ。
 楽しむ事を主眼に置いてるんで許して下さいw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529361/55698133

この記事へのトラックバック一覧です: 2012秋の王滝120km(当日編):

« 2012秋の王滝120km(前日編) | トップページ | 半指グローブ新調 »