link2

  • にほんブログ村

    にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

    にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年11月の走行距離 | トップページ | 超軽量ペダル再び(XPEDO XMF08TT) »

2010年12月 2日 (木)

LEDライト新調(LD20-R4)

オイラが使ってるLEDライトはFenix LD20 Premium Q5

ちなみにこのブログが始まった時の最初の記事の題材だ。

単三電池2本でエネループが使えて経済的。軽くて頑丈。

そして最高180ルーメンの明るさという事無しのライトでしたが

先日の朝練の時にハイモードへ切り替えようとしたら出来ない?

そりゃ2年も使ってれば故障もするわなぁ。ってことで、

同じFenix LD20の後継機である LD20 R4を購入してみました。

Ld20_1

アマゾンで夜8時に注文したら、翌日の夕方には届いたよ。

ネット通販ってすごく進歩してるなぁと痛感しました。

Ld20_2

箱から出してみた。Q5が180ルーメンだったのに対して

このR4は205ルーメンと、更に明るいライトになってます。

Ld20_3 

手前がQ5。奥がR4。遠近法でQ5のが大きく見えますが

実際のサイズはほぼ一緒。レンズフードは若干R4が大きいか?

Ld20_5

Q5のハイモード照射↑(180ルーメン)

ちなみに壊れたと勝手に思ってましたが、

モード切り替えの方法をオイラが間違ってただけでした。

右にひねるんじゃなくて左にひねるんだったよ。流石オイ(ry

Ld20_6

R4のハイモード照射↑(205ルーメン)

Q5に比べて照射面積が広い感じがするなぁ。

Ld20_4

Q5で使ってたステーにピッタリ装着できた。

てなわけで早速今朝の朝練で試してきましたよ。

Ld20_7

やっぱりQ5と比べて照らす面積が広がってる。

早朝の真っ暗な多摩サイも安心して走れますね。

明るいライトをお探しの方は是非試してみて下さい~。

« 2010年11月の走行距離 | トップページ | 超軽量ペダル再び(XPEDO XMF08TT) »

パーツ」カテゴリの記事

コメント

僕はよくあるCATEYEのLEDライトを使っていますが、夜のCRはちょっと不安になります。
走り慣れている道はカンで走っています^^;
これだけ明るいとかなり頼れそうでうね。

おぉ丁度欲しかった物です!インプレありがとうございます。
帰宅時ゆ~っくり走っていても、暗すぎて何度もヒヤリ体験あるので、試してみたいと思います。

私も使ってみま~す。夜のCRはとても怖いし、ネコちゃん達もたくさんいますので。

新しいヤツですね!

気にはなっていましたが、自分のLD20は
まだまだ元気なので・・・

LD20の弱点?は、点滅モードが超速いか、
ノンビリ点滅しかないこと。
超速いのが目くらまし、威嚇用、ノンビリが
SOS用だそうで・・・
自分は普通の点滅ライトと併用してます。
(街中は点滅の方が視認され易いので)

R4も一緒ですかね?!

ツカカツさん>
 オイラもCATEYE HL-EL520を使ってましたが
 一度LD20を知ってしまうともう戻れません。
 値段も変わらないし是非次回は試してみて下さい。

daddyさん>
 エネループさえあればマジでお勧めです。LD20。
 取り付けステーは上記記事中のリンクを参照下さい。

ショウ@ariさん>
 夜のCRは各種トラップ満載ですよね。
 真っ黒いジャージの上下(反射素材なし)で
 真っ黒い犬を真っ黒いリードで散歩させてる人
 がいましたが、まるで忍者のようでしたw

サムライさん>
 残念ながら点滅モードはQ5もR4も同じ仕様です。
 ですので、オイラもkogの小さいライト併用してます。
 超高速点滅は威嚇用だったのか~w
 

おお、こんなスマートで200ルーメンなライトも有るんですね!

自分はDosunのA1を使っています。
電池が4本なのでちょっと重いですが、その分長持ちですよ~

tsukumoさん>
 DosunのA1、ネットで調べてみましたがイイですね~。
 200ルーメンでもランタイム4時間!(R4は2時間)
 そして対向車がまぶしくないようにカットされたレンズ。
 次にライトを購入する時は是非検討してみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529361/50193754

この記事へのトラックバック一覧です: LEDライト新調(LD20-R4):

« 2010年11月の走行距離 | トップページ | 超軽量ペダル再び(XPEDO XMF08TT) »