link2

  • にほんブログ村

    にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

    にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« もて耐の公式練習に行ってきた | トップページ | 2010年5月王滝100kmの備忘録 »

2010年6月20日 (日)

ホイールが返ってきました

6月15日の記事でシマノへ送ったWH-6700のホイール。

シマノで確認&部品交換の後に我が家に戻ってきました。

P6189262

シマノの担当者の話によれば、

フリーの精度により若干のフレは想定内。(問題なし)

今回はお客様が気になるとのことなのでフリーを交換しました。

ぶっちゃけアルテグラレベルだとこのぐらいのフレは出ます。

デュラを買ってもらえばバッチリです!とのことw

P6189263

というわけでお騒がせしました。フリーは多少フレても

走行性能には問題なしという正式回答でした。

ちなみに修理前に比べてフレは格段に少なくなってました。

P6189265

ついでなのでシゲピンさんから頂戴したカーボンステムを装着。

P6189268

元のステム(100mm)。160g。

P6189267

新しいカーボンステム(同じく100mm)。130g。

P6189269

30gの軽量化成功。うんうん見た目もカッコイイ。

P6209262

というわけで今日はNIGERU君(Escape R3改)の試走へ。

P6209263

急な雷雨が心配でしたが、結局羽村の堰まで来てしまいました。

P6209265

修理からあがってきたホイールも、新しいステムも絶好調。

往復55kmの楽しい試走ポタでした。

« もて耐の公式練習に行ってきた | トップページ | 2010年5月王滝100kmの備忘録 »

クロスバイク」カテゴリの記事

コメント

ちょっとのフレさえ我慢ならん神経質なヤツは大枚はたいて解決しろ!...って事ですか?(笑)。
でもこのレベルの精度でピリピリするのってシマノぐらいのもんなんでしょうね。価格帯に関係なく仕事は確かだという評価の裏返しなのかも。

山賊仕様には振れなど余り関係ないけど(笑) メーカーとして材質や重量の違いでの値段の違いは分かるけど加工精度やハメ合精度はある程度一定にしないと一流メーカーとしてはどうかな~なんて思う二流の機械やの囁きでした!

KOZYさん>
 ありていに言えばその通りって感じですね。
 デュラを買えば・・・といわれて何も返せなかったですw

山賊さん>
 価格と精度と走行性能のバランスを考えた結果・・・
 なのでしょうね。まぁ壊れなければ問題ないですw

現物のフレを見たけど、あのフレが”想定内”?

”アルテレベルなら・・・”???

アルテってデュラに次ぐモデルですよね~
(価格は大きく違うけど)

おいおい世界のシマノが、んなことでいいんかい!?
と思ってしまうのですが・・・

んじゃ、ソラやティアグラレベルだと
何があっても想定内かい!

って、ちょっと怒りを覚えた今日この頃

あれ?おいらKY???(笑)

サムライさん>
 確かにかなりフレてましたがシマノが言うなら良いのでしょう。
 走ってて悪影響があるわけじゃなかったし、
 もっと言えば走ってれば見えない部分なのでw
 これで壊れたりするなら別問題ですけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529361/48678870

この記事へのトラックバック一覧です: ホイールが返ってきました:

« もて耐の公式練習に行ってきた | トップページ | 2010年5月王滝100kmの備忘録 »