link2

  • にほんブログ村

    にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

    にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 7トレ→6トレライド(1/24) | トップページ | シートクランプ新調(Salsa) »

2010年1月26日 (火)

油圧キャリパーメンテナンス

先日の6トレライドから、どうもキャリパーの調子がおかしい。

ポストマウントなんだけど、ディスクセンターが出ない。

キャリパーのボルトをゆるめてから、レバーを握った状態で

再度ボルトをしめれば通常はセンターが出るんだけど、

その作業を行ってもディスクに磨ってしまう。

どうも左右のピストンの出方が均一ではなくなってるようだ。

P1220273

というわけで、早速メンテナンスを。

P1220276

パットを外してみると、やはり左ピストンが飛び出ている。

P1220277

まずはレバーのオイルタンクのフタを外す。

(中のゴムキャップも外します)

P1220272

そして、コイツ↑(正式名称を知らん)の出番です。

P1220279

ピストンを押し戻して、黄色いアイツをキャリパーにセット。

あとは何回かレバーをぎゅうっとニギニギするだけ。

P1220281

ほ~ら。左右均等にピストンが出るようになりました!

あんまり頻繁に行う作業じゃないけれど、

こういうのは覚えておいて損はないよね。

正直あんまりメンテは得意じゃないけれど、

これからも頑張って色々覚えて行きたいと思います。

« 7トレ→6トレライド(1/24) | トップページ | シートクランプ新調(Salsa) »

整備・メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

その作業のついでに・・・
ピストンを両側とも多少押し出した状態で、ママレモンを数滴垂らした水につけた歯ブラシなんかでゴシゴシするとピストンも綺麗になってもっとイイ感じですよ~good

知らなかったです

店ではドライバーでこじってました

こっちの方がトラブルないですね

まるちさん>
 おお、ママレモンか~!
 写真は載せませんでしたが、オイラは今回は
 綿棒を水にぬらしたヤツでゴシゴシしました。
 次回は試してみたいと思います。

koutaさん>
 レバーのフタを外さずにムリにピストンこじると
 最悪OILシールが破損する危険性があるかも。
 油圧は制動力は高いけどメンテは面倒ですね。

なるほど~。
こんなメンテナンスも必要なんだ・・・・。
自分には出来ないだろうなぁ。

サイクロンさん>
 やってみると意外と簡単だったりしますよ。
 オイラも最初の頃はタイヤ交換さえ出来ませんでした。
 メンテ覚えるとそれも楽しいですよ~

ドモドモ
黄色いやつはシマノのD-Breakに付属してるものなんですか?

おすか~さん>
 黄色いヤツ(名称不明)は、キャリパーを買うと
 一緒についてきます。
 完成車で買った場合はどうなるんだろう・・・

タクアン色のニクイ奴
どこかで見たけど、探すと出てこない率ナンバーワンです(爆)

Leeさん>
 確かに「探すと出てこない率」が高いですね。
 で、買うtと出てくるってパターンw

こんにちは、いつも楽しく読ませて頂いてます。
ピストンの汚れを落とした後にミネラルオイルを数滴染み込ませると動きがよくなりますよー
あと、ピストンにキズが付いてしまっていたらシマノに送ると新品と組み替えて貰えますよー。
自分はピストン外してコンパウンドで磨いたりしますが、お勧めは出来ないです。

MASAさん>
 サイスタのMASAさんでしょうか?
 ミネラルオイル初耳です。今度試してみます。
 シマノ、対応いいですよね~。
 やっぱりこういうのを聞くとコンポはシマノかなー
 って思っちゃいますね。

サイスタのMASAです。
5月王滝はあいかわらず42kmです。
赤ターナーFLUXになってます。

MASAさん>
 ターナーFLUXですか~!
 まさに王滝にピッタリのマシンですね。
 42kmの上位入賞楽しみにしてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529361/47397770

この記事へのトラックバック一覧です: 油圧キャリパーメンテナンス:

« 7トレ→6トレライド(1/24) | トップページ | シートクランプ新調(Salsa) »