link2

  • にほんブログ村

    にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

    にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 王滝の受理書が(やっと)来た! | トップページ | 和田峠へ行ってきた »

2009年9月11日 (金)

王滝に向けて(6)

秋(9月)の王滝100kmに向けての整備シリーズ第6段。

今回は「地味だけど大切な」サイコンの電池交換です。

Rimg0115

王滝100kmだけに、フタを外す為の硬貨は100円玉をチョイス。

はい。ここツッコミ所です。

Rimg0116

まずは本体。サクっと交換終了。

Rimg0117

続けてハートレートセンサーも。

忘れやすい個所ですが重要な部分です。

  Rimg0119

最後にスピード&ケイデンスセンサー。

ここの電池はカチっとハマってて外れにくい。

傷つけないようにピンセットの先で上手に外してやる。

以上3点全ての電池交換が終了しました。

今回は高低図はなしで、距離だけで判断するつもりなので

サイコンが電池切れになるとお手上げ状態。

これで電池切れの心配をせずに安心して本番を走れそうです。

« 王滝の受理書が(やっと)来た! | トップページ | 和田峠へ行ってきた »

整備・メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

私も先週最後の長距離朝練で走った時に、心拍計の電池切れマークが点灯していました。
4か月前の5王の時に交換したので、今回は交換するつもりはなかったので、朝練で走っていなかったら、多分王滝本番で電池切れになっていたと思います。
電池はケチっちゃダメですね(笑)

着々に 準備が進行してますね
わたしも 早くしないとsweat01

まるちさん>
 マーフィーの法則じゃなですけど、
 電池って肝心な時に限って切れますよね・・・w
 ケチらず、忘れずにマメに交換したいと思います。

ポンさん>
 気がつくとあと1週間ですからね~。
 マシン、装備、持ち物、そして人間。
 お互い準備万端で本番を迎えましょう!

こんばんは。
私も先ほどサイコンのBAT交換完了しました。
いよいよ秒読みですね~。
いろいろ準備するのも遠足みたいで楽しいですよね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529361/46183741

この記事へのトラックバック一覧です: 王滝に向けて(6):

« 王滝の受理書が(やっと)来た! | トップページ | 和田峠へ行ってきた »